スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッカルーム・マウンテン・デュー・フェスティバルについて

話が前後しますが、昨日申し込みした本のネタの
『マッカルーム・マウンテン・デュー・フェスティバル』ですが、
1976年から82年にかけての7年間、ロリーさんの故郷、
コークの西の町、マッカルームで行われていた、
企画、進行、舞台設営等、全てが街の人たちの手作りで行われたフェスティバルです。

800px-Macroom_Castle[1]
▲会場のマッカルーム城。この中の原っ字ぱでフェスがあった訳です。

悲しいかなこのフェスティバルについては、当時日本では一切報道されておらず
(アイルランドの片田舎のフェスティバルだったし、
地域的に情報発信する人も取材する人も居なくて、
それ以前にロンドン在住の記者にも情報が入ってこ来なかったんでしょうね。。。
イギリスだとせいぜいロンドン界隈の話しか入って来なかったし)
今の段階でyoutubeでの映像や、海外からのこういった印刷物の資料や、
ネット記事で追体験するしかありません。

poster.jpg


出演アーチストは世界的に売れていたロリーさんや、
シン・リジイ、ヴァン・モリソン等のアイルランドの有名アーチストが
多数出演していました。
会場は映像をご覧いただければ分かるかと思いますが、
本当に野原というか荒野で行われていて、
いかにも70年代なのんきな雰囲気であります。

macroom.gif
▲手づくり感満載のバックドロップを見よ!

ロリーさんのこの映像は78年のものですが、
バンドのメンバーはベースのジェリーとドラムのマッケンナの三人体制の、
一番ハードロック色の強かった時代で、
ある意味ロリーさんが一番脂の乗っていた時期でもあります。

余談ですが、フェス終了後のアイルランドの音楽雑誌、
『ホット・プレス』のパーティー(夜中の3時にあったらしいですよ!)で、
『ライブが素晴らしかったで賞』と、クリサリス・レコードの人から
アルバム『アゲインスト・ザ・グレイン』のシルバーディスクを授与されてます。

ジョン・ロットンが出てますが、以前見られたこの映像では、
ロリーさん達に喧嘩をふっかけていて、
ジェリーがものすごくピリピリしていたんですが、
どうやらそのシーンは割愛されているようです。
当時のニュー・ウェイブのオールド・ウェイブに対する態度が
ありありと見られて興味深かったです。

Rory Gallagher Macroom, 1978
(ドイツのTVドキュメンタリー)

コメント

§ Sピストルズですか?

ロリーさんお疲れ
顔ですね~。

ど~でもええですが
ジョンロットン?
ジミーロットン?

ジョンライドンか
ジョニーロットン
ですか~(_._)

§ Re: Sピストルズですか?

>swec780さま

一番忙しかった頃なんでしょうね~、
昼間にドイツでショウ→夕方イギリスでショウ、という
強行軍があったりして、本当に酷使されていたみたいです。
それも一重にマネージャーの弟がそういうスケジュールを組むから
そうなったのであって。。。
もっとアーチストの事を考えろよ!とワタシは内心ムカつくのであります。

ジョン・ロットン、名称は何でもいいと思います。
ピストルズのアノ人、で通用すればそれでいいと。。。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。