イエス・ショウ2014に行ってきた

11月27に、イエスの大阪公演に参戦してきました。
2年ぶりの来日であります。

2007年にハウ師匠がエイジアに復活してから、
ほぼ毎年ハウ師匠は来日されているんですが、
いつ何時何があってもおかしくないと思わせる外見と、
バンド面子の健康不安なお年頃を考えると、
毎年毎回これが最後のショウかも、と思わざるを得ず、
ライブに足を運ばすには居られないのであります。

さて、今回来日のイエスのメンバーは前回と同じの、
スティーヴ・ハウ(g)、クリス・スクワイア(b)、
アラン・ホワイト(ds)、ジェフ・ダウンズ(key)、ジョン・デイヴィソン(vo)の五人。
ボーカルとキーボード以外は70年代からの歴戦の勇者であります。
メンバー変更もなく、同じ顔が見られるというのは、
人員変更の激しいバンドのイエスでは有難いことです。

2012年4月にボーカルのジョン・デイヴィソンが加入してわりとすぐに
前回の来日公演があった訳ですが、彼のパフォーマンズを見て、
この人なら大丈夫だ、と直感したのは間違いではないらしく、
前回以上に素晴らしい歌を聴かせてくれました。
キーボードのジェフリー・ダウンズは言わずと知れたエイジアの人でもあり、
またお前かよ…な感もありーのですが、
ソツなく弾きこなしていただければ文句はありませんです。

今回のツアーはアルバム≪危機≫と≪こわれもの≫完全再現という事で、
ファンとしては非常に見逃せない内容です。
この二枚のアルバムはイエスの代名詞ともいえる名盤で、
いくらワタシが説明しても作品の巣晴らしさは表現できないので
少しでも興味を持たれた方は迷わず聴かれる事をお勧めします。

さて、今回もチケットはY子ちゃんにお頼みして、ものすごく良い席が!
2列目だから人の頭越しにハウ師匠を観るのね…と思っていたら、
オリックス劇場の1番から30番あたりは左端の一列目なのですね。
もう席についてびっくり。

2012年公演に続き、
今回もハウ師匠のドまん前…。
座席に座って約20分は頭の中真っ白でした。

震える手でY子ちゃんに感謝メールをしたのは言うまでもありません。
Y子ちゃん、ありがとう(泣)!!
2014チケット

そうこうしているうちに暗転、ショウ開始であります。
クラッシックをバックに、スクリーンに映し出される≪イエスの歴史≫。
若き日の姿や、歴代メンバーの姿、チケット半券、パス類…すべてが懐かしい。
この歴史のどこかに、この会場にいる人すべてが属するのですね。
歴史は過去でもあり、現在につながる時間の流れであり、
誰もがそこに関わる存在であり、誰もが主役なのですね…などと
シミジミしていたら、メンバー登場。
もう脳内失禁状態で思わず立ってしまいました(爆)

前回の大阪公演ではしょっぱなからみんな立ってましたが、
今回はず~っと皆さん座ったきりで、アンコールでやっと立つ!な、
プログレの見本のようなショウでした。
みんな心情表現できなくて苦しくないのか?
ワタシは最初っから最後まで口パクで全曲歌ってました(笑)

それはさておき、曲はアルバム≪危機≫の再現で、
おなじみの血となり骨となり肉となっている曲を次々と演奏、
もうどの曲も思い出が詰まっていて胸いっぱいで。。。

ハウ師匠は終始リラックスしてプレイされていて、見ていて安心しました。
師匠は顔に表情を出さずに終始ムッツリした表情でプレイするので、
いまいち気分いいのか悪いのか分からないときがあるんですが、
イエスの曲自体、ギターパートは延々とリフの繰り返しで、
ある意味修行のような曲が多いので、
ハウ師匠大丈夫か?と心配になることもあるんですが、
今回はトラブルもなく、ミキシングにイライラしてる風もなく、
終始いい感じでだんだん調子が上がっていっているのが分かりました。

ショウ中盤で定位置を離れて舞台中央に行って、
脚ピコーン!したり、後ろに急発進していたので、
かなり調子が出ているのが目の当たりに出来て
嬉しかったです。

今回はイエスなので定番のギブソンESを中心に使用、
40年代生まれのイギリス圏のギタリストらしく、
ジャズ/ブルース風味のプレイに、
うん、これだよね…と独り納得していたのでした。

また、今回発見したんですが、
ハウ師匠のスチールギターの脚には滑車がついていて、
曲の途中でスチールが用済みになると
師匠は脚で蹴っ飛ばして舞台の裾に追いやるんですが、
この時にスチールが倒れないように
ちゃんと滑車が当たる床部分にはレールがひいてありました。

≪危機≫のアルバムが終わると、ニューアルバムの曲を2曲。
"The Game"のエンド部分のサスティンパートに、
e-bowと思われる武器を使用。
右手でe-bowを隠すようにしてプレイ、
曲が終わったらクルーがe-bowを観客に見せないように
手で隠すように裾に持って帰っていた。なんかイケズやわー。
何かあるんだろうか?などと悶々としていたら、
≪こわれもの≫アルバムのお時間が。

アルバム一曲目はご存知、
名曲≪ラウンドアバウト≫ですよ。
どうしてみんなこの曲を座って聴けるの?
もうじっと座って口パクと手拍子だけってのが本当に苦しかったっす。
後は、本当にアルバムの曲を順番に再現。

絶対無理だと思っていた”We have heaven"にはビックリ。
多重録音でステージでは無理だと思っていたので感動しました。
それに加えてハウ師匠も歌ってるし!
あと、律儀に”無益の5%”も再現してるのが笑えたです。
あれはギャグの曲ではないのか~…。

楽しい時間はすぐ終わるようで、そうこうしているうちにアンコールが…。
アンコールは"I've Seen All Good People"と"Owner of a Lonely Heart "。

"Owner of a Lonely Heart "で師匠はストラトを弾いていましたが、
曲終盤からはESかと思えるようないつものコロコロとした師匠節が…。
師匠は何弾かせても師匠やあああ(涙)

それにつけても、ボーカルは本当にいい人が入ってよかったです。
71年生まれだそうで、子供の時からイエスを聴いて育ったんでしょうね。
どこを採ってもイエス色から外れてない人なので、とても自然になじんでいて、
観ている方も安心しました。

愚痴になりますが、ダウンズさんはやっぱりロックのキーボードですね…
リック・ウエイクマンの艶のあるプレイにはかないません。
今回のテーマにはちょっと苦しい気がしました。

さて、今回のマーチャンダイズですが、パンフしか買わんぞ!と
心に決めていましたが、気が付くとタオルとキーホルダーも買っていました(爆)

タオルはメイド・イン・今治!
2014タオル
洗濯するときっと若干色落ちすると思われます。

キーホルダーは≪こわれもの≫のモチーフ。
2014キーホルダー
地球部分が回転します。

パンフは≪イエスアルバム≫≪危機≫≪こわれもの≫≪究極≫の時代の
資料と写真を中心に構成されていて、ちょっとした資料集になっています。
2014パンフ
パンフ中身 (1)

あとパーカー(1種類)Tシャツ(≪こわれもの≫柄と絞り染め柄の2種類)
トートバッグ(1種類)とライブダウンロードチケットがありました。
マーチャンダイジングにも時代の波が来ているのですね。


いつもながらの、あっという間の二時間半のイエスショウでした。
また来年会おうね!とボーカルのジョン選手は言っていました。
また来年、同じ面子で来てね~!と心の中で念じていたのは言うまでもありません。

コメント

§ いえいえイエスの素晴らしい

こんばんは~
今回も楽しめて良かったですね!

> いくらワタシが説明しても作品の巣晴らしさは表現できないので
巣晴らしさが表現出来てますよ。(^_^;)

> もう名曲≪ラウンドアバウト≫ですよ。
> どうしてみんなこの曲を座って聴けるの?

ジョジョのエンディングテーマでは
この曲のイントロが割愛されているので
しみじみと聴きたかったんではと思います。

違うかな?(_._)

§ Re: いえいえイエスの素晴らしい

>swec780 さま

いや~、そういっていただけると有難いです。

そうですか、ジョジョは見ていなかったので
アレなんですが、イントロ割愛なんですか!!
それはなんと勿体無い…(泣)

ジョジョの影響で今回ショウに来た人も多かったと思います。
何かのきっかけでファンが増えるのはいいことですね!

§

スクリーンに流れていた<YESの歴史>あれ、良かったですよね!あれだけで胸が熱くなりました。ずっと見ていたかった!

良いショーでしたね!
私も最初から最後まで口パクで歌ってました。周囲からも歌声があちらからこちらからと聞こえてきていました。

アンコールやASIAで聞くグダグダじゃないRound About、初めて聞きました!(爆)
だから、じっくり聞きたかったのかも!

メイド・イン・今治のタオル、買われましたね!
今回の一番の目玉だったと思います。
使えないですよね!
でもいいの!観賞用です!

§ いいですねー

アルバム再現っていいいですねー!
ファンならたまりませんな。
今回も良い席で観られて良かったですね。そんな席になれると
後ろでは物足りなくなるよ~。
私はまたしてもKISSに行く予定です。
前で観たいわ。

§

表現力が豊かで素晴らしいレポです。
しっかり読ませて頂きました。
特等席だったんですね、羨ましい!

>脚ピコーン!したり、後ろに急発進

はい、それがあると絶好調です。(笑)

>スチールギターの脚には滑車がついていて

これは結構前(10年位前)から改造されて付いてたんですよ。
なかなかのアイデアもんだなと思ってました。

>Roundabout

東京ではスタンディングでした。

>ダウンズさん

はい、同感です。頑張ってはいるんですが、荒くてきちんと弾いてないんですよね。かなり苦しかったです。
私は、2001年の頃の、トムブリスリンが適任かと思いますが・・・

>タオルはメイド・イン・今治!

私の故郷なんです。拭き心地は最高かと思います(笑)
が、使わないで飾っておきましょう!(笑)
結構人気があったようで、どこの会場も売り切れでしたね。

§ Re: 檸檬 さま

≪イエスの歴史≫、もうちょっと見ていたかったです!
できればバンドの演奏をバックに…(汗)

やっぱりハウ師匠の本職はイエスですね!
今回のショウで痛感しました。
やっぱりイエスの音楽をプレイするのが
一番師匠は好きなんだ、と感じました。
他のイエスメンたちとのコンビネーションも
個人でどうこう、というレベルではなく、
バンドで完全にひとまとまりなのが素晴らしいですね!!

タオル、買っちゃいました!
売り場で現物を見て衝動買いです!

ただ、品質がものすごく良いのはいいんですが、
タオルの毛足が長いのと、非常に密に織ってあるので、
使っているとどうしてもカビくさくなると思います。
実際使用するとなるとよっぽど乾燥したところに
置いて使わないと三ヶ月ぐらいで危ない状態になると思われます。
だからワタシもこのタオルは観賞用タオルです(笑)



§ Re: いいですねー

>Kumi さま

アルバム再現は、もう、夢の境地でした。
ハウ師匠が目の前2メートル先にいたので、
思うにワタシ自身緊張して顔が硬直してしまって
絶対怖い顔になっていたと思います(泣)

エイジアのときもそうですが、
毎回ほぼハウ師匠の前やら師匠の近所の席なので、
ほぼ自分自身の全人生の運をこのために使っていると思われます(苦笑)

キッス、いい席に当たるとよいですね!

§ Re: パコ師匠

いやはや、お褒めいただきありがとうございます。
まだ自分の思うことの半分も書けていないのが
ものすごくジレンマだったりします。

脚ピコーンやら後ろに急発進、判りやすいですね~(笑)
あの元ネタは何なんでしょう?
誰もこんな事インタビューしたことはないでしょうねえ・・・

スチールギターの手前にカメラを固定して
プレイする映像をスクリーンに映していたのも印象的でしたね!
一瞬どこから撮影してるんだ?とキョロキョロしてしまいました。

やっぱりラウンドアバウトは東京では立ってましたか。。。
もしかすると、ワタシの後ろの方々は立っていたかも。
くう、なんか損した気分だす。。。

やっぱりダウンズさん、そうですか…。
もう聴いてて今回は苦痛の方が多かったです。
鍵盤の素の音自体バンドに合っていない。
弾き方が雑。何をイライラしてるんだい、君は、と
説教しそうでした。
クリス人事部長にこの人の移籍はどうでしょう、と
こっそりメールするのもよいかもです…って怖い話ですね(笑)

おお、今治はパコ師匠の郷里ですか!
あのタオル、もしかして世界的に売ってるんでしょうか?
だとしたら、ものすごく素晴らしい事ですよ!
染めの技術も、タオルの織りの技術も素晴らしすぎて、
勿体無くて本当に使えないです!
さっそく日焼けしないように裏向けにしてして、
しまいこんでます(笑)

§

>もしかすると、ワタシの後ろの方々は立っていたかも。
一階後方の席だったので、2階以上はわかりませんが、立ってないですよ~!
燃える朝焼けのエンディング辺りから、立ち始めましたね。

後ろの方ですが、階段の上で前に観客が居なかったので、ステージ全体がよく見渡せて、それもあって、YESというバンドとして見ることが出来て、良い席だったと思います。

>さっそく日焼けしないように裏向けにしてして、
早速真似して、裏返してしまいました(*^^)v

§

ダウンズさんがYESにいる理由は三つあると思います。
ひとつは、スティーヴが引っ張って来ていること。
そして、新譜を作るにあたって曲作りやアレンジに貢献的であること、でしょうね。
あと、レコード会社からみると、ASIAでの知名度があるからセールス的に有利なこと・・・でしょう。
私は、ダウンズのカラーは、YESの肌にはちょっと合わない気がしますが・・・(汗;)

危機タオルは、たぶん国内限定じゃないでしょうかね~?
海外のオファーが態々日本にタオルの制作依頼をするのはコスト面も考えるとちょっと考え辛いからです。
たぶん、貴重なグッズになると思いますよ。

§ Re: 檸檬 さま

むー、ある意味後ろのほうが廻りに気を遣わないで
ライブが楽しめたかもです。
前の方だとステージ全景や
アンプの配置具合とかがはっきり判らないので
観るほうに関しては正直半分ぐらいしか
楽しめないです。

一番いいのは二階の前の席とか
左右のバルコニー席(ここに一度座ってみたい!)かもです。

タオル、なんか悩ましいブツになりつつありますね!
気が向いたら広げてニヤニヤする怪しいブツになりそうです!!

§ Re: パコ師匠

うーむ、やはりダウンズさんはハウ師匠がらみですか。。。。
確かに声掛けやすいのと日本だと集客力があるんでしょうねえ。
ただ、ダウンズさんの芸風を考えると、
イエスはちょっと違うやろ、と言いたくなりますね。

今回のアルバム≪こわれもの≫再現時での、
ブラームスの曲にしても、やたらトゲトゲしていて、
見事に原曲ブチ壊しもいいとこでしたし、
アンタ、卵を握りながら落とさないように
一音一音丁寧に鍵盤弾いてみーよ、と
頭の中で怒ってました(爆)

やっぱり危機のタオルは日本限定ですか…。
日本製はやはり割高ですものね~。
もしかするとショウ開演前のグッズ先行発売時に大量に購入して、
今頃イーベイに流してる人がいるかもです。。。
あれはイエス信者だと絶対欲しいですよ!!

海洋やらリレイヤーやらこわれもの柄のバスタオルがあったら
買わずには居られないです~。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる