スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R.I.P.

毎度ながらの関西ローカルネタで恐縮ですが、
70年代後半から80年代にかけて、
関西の若者ラジオ/テレビ番組での司会を務められていた
デデ氏こと川村龍一氏がお亡くなりになられました。
享年69歳。

dede-2012-05-27.jpg
▲今日の朝日新聞(朝刊)から

70年代中期から当時としては超画期的な
洋楽専門のテレビ番組『ポップス・イン・ピクチュア』
(兵庫/大阪エリアではサンテレビ、京都エリアでは
京都テレビ等で放映)非常にローカルな放映エリアですが、
内容は今にして思えば超充実、
はっきり言って個人の音楽のプッシュのジャンルはさておき、
伊藤正則氏なみのパワーがありました。

70年代後期はミニコミ誌が賑わっていたので
その流れで関西のライターさん(阿木ユズル氏とか)も
時々出演されて、渋谷陽一にバリバリ対抗してるなあ、と
当時の小学生にはちょっと難しいトークタイムを展開されておられました。
この番組のリクエストコーナーでレイナード・スキナードがよくかかっていました。
当時の土地柄の好みでもあるのかな、と今でも思います。

一旦80年代初めごろに番組休止の後、80年代中盤に
『P.I.P』として一時間番組が短縮されて30分番組として復活、
当時まだMTVもなかった頃には夢のような番組でした。
内容はMTVに比べると『日本の洋楽』な選曲で、
割合ハードロック寄りだったように記憶します。

『ヤングおー!おー!』の司会をされていた事の方が
多数の方の記憶に残っていると思いますが、
番組中で15分ほど洋楽の時間を持っておられて、
その中で来日中のアーチストを招いたり、
話題のバンドのビデオを流されたりで、
80年には当時人気だったジャーニーのニール・ショーンが
大阪の千里丘のスタジオまでやって来て、
日本のギター会社(ESP)からもらった
「コガネムシの形の左右にネックが出ている
ダブルネックギター」を両手でフレットを押さえて
弾いていたりで、今から考えるとワールドワイドなアーチストが
日本の地方番組に出るなど考えられない、
ものすごいサービスぶりでした。
(余談ですがRCサクセションも生出演してました。)

『ヤングおー!おー!』終了後、ラジオに活躍の重きをおかれたようですが、
川村氏のテレビ番組が無ければ今の私は無いといっても
過言ではない、非常に内容の濃い時間を過ごせました。
たくさんの素晴らしい音楽を紹介してくださり、ありがとうございました。
安らかにお眠りください。

コメント

§ 観てましたよ!

> 川村氏のテレビ番組が無ければ今の私は無いといっても
私も同様です!当時のテレビ番組としては貴重でした。
デビュー当時のクイーンやポリスもここで初めて観ました。
「彼らは世界で成功するバンドになる」と言ってましたね。
ロリーの映像はまだ流通してなかったのか記憶ないです。
ご冥福お祈りします。(-人-)

§ Re: 観てましたよ!

>ひらいで@休日充電親父さま

おお!ご覧になられておられましたか!
70年代後半当時、非常に貴重な番組でしたね~!

そうそう、クィーンやポリスも初めてここで私も見ました。
当時はツェッペリンはプラント氏交通事故で療養のため休業中だったので
永遠の詩のフィルム抜粋ぐらいしかかからず、
ストーンズがよくかかっていた記憶があります。
あと、時代の流れでパンクものとかが多かったですねえ~。
ロリーさんは見た記憶がないんです。
地味すぎて流れていてもピンとこなかったかもです。

で、検証話になりますが、
70年代後半に存在していたロリーさんのビデオって、
72年のマーキーのライブと、
モントルーのライブぐらいしかないんじゃないでしょうか??
流れる可能性といえばこれぐらいの種類しかないはずです。。。
大穴で75年のフィンランドのフェスとかが考えられます。
70年代にアメリカをあれだけツアーしていたのに映像が無いのが不思議です。

§ 観たかった

『ポップス・イン・ピクチュア』
私の家あたりではアンテナの関係か何かで映らず、
友人が観て番組の話をするのをうらやましく聞いていた
覚えがあります。
当時、とっても観たかった憧れの番組でした。

阿木ユズル氏・・・そういえばそんな方もいましたね。
この人の雑誌「ロックマガジン」を何冊か買ったなあ。
今どうしていらっしゃるのか。

§ Re: 観たかった

>kumiさま

そうですか~、映らなかったですか~…残念!!
UHF局は地域によって映ったり映らなかったりらしく、
大阪でもサンテレビが映らない地域がけっこうあるのに
驚きました。
それはともかく、この番組、サンテレビだけかも知れませんが、
放映時間がよく変更になる困った番組でした。

そう、「ロックマガジン」!ありましたね~!!
ロッキン・オンより難しい内容だったような記憶があります。
当時私の住んでいた街の本屋では当然取り扱いがなくて、
阪急ファイブやらのこじゃれた紀伊国屋でしか
並んでなかったです。
阿木ユズル氏、今どうしておられるんでしょう。

『ポップス・イン・ピクチュア』で放映された映像を
当時はめずらしいビデオデッキで録画して、
一曲いくらのリクエスト料金でかけるアコギなロック喫茶が
大昔阪急ファイブの前にありましたね…と
誰も知らない話を書いてみる(汗)

§

>ロッキン・オンより難しい内容だったような記憶があります。
そーなんです、ROに対抗してそういう内容になっていたかと。
それと、青年誌の漫画みたいなのもあったな。当然というか、
ロリーさんが取り上げられた記憶はないです笑

>アコギなロック喫茶
そんな店があったんや!さすが大阪。
知ってたら行ったかも・・・。

§ Re: kumiさま

内容は一度見た程度なんで、
うろ覚えもいいとこなんです(汗)
青年誌の漫画のようなのも載ってたんですか!
雰囲気的にニューウエイブ寄りだった記憶があります。
機会があれば是非じっくり読んでみたいです。
間違ってもロリーさんは載らんでしょうなあ~(トオイメー)

その喫茶店は吹き抜け階段の三階建てぐらいで
昼間っから営業してるスナックみたいな感じでした。
よくあんな一等地であんなに偏った嗜好の店が
あったもんやな~、と思います。

今でもああいうお店、どこかにあるんでしょうか??
あれば行ってみたいです!・・。

§

はじめまして、デデさんお亡くなりなられましたね、
ご自宅が近所なので何度かお姿をお見かけした事はありましたので、
訃報を耳にして驚きました、

ところでくだんの喫茶店ですが「キューピット」だったと思いますが、
どうでしょうか?

§ Re: flowerさま

はじめまして!
ようこそいらっしゃいませ!!

デデさん、ご近所さんでしたか…。
没後の新聞記事でフリーランスのアナウンサーだった事を
初めて知って、あらためてデデさんの活躍の場の広さに関心しました。

そうです、くだんの喫茶店は「キューピット」です。
一階から細長い階段で三階くらいまである
吹き抜けのお店でしたね~。
入り口の暗い緑の銀ラメ入りのガラスの自動ドアが、
異次元への入り口のようでした…。

梅田の再開発の折に、
真っ先に取り壊された感があります。
今を思えばもうちょっと通っておくべき店でした。

§

徒歩2分くらいの場所にデデさんの家が建っていますね、

キューピットは阪急東通りにあったLPコーナーの帰りに立ち寄っていましたね、
当時は自宅が西心斎橋でしたので、LPコーナー、ナカイ楽器、ワタナベ楽器に行く事しか
梅田周辺に行く事がなかった様な気がします。

§ Re: flowerさま

ものすごいご近所にデデさんの家があるのですね!
びっくりです!

flowerさまはミナミの人だったのですね!
うろつきエリアがミナミかキタで
かなり雰囲気が違ってきますねー。
flowerさんは楽器をプレイされる方なんでしょうか??

私は10代の頃はミナミは遠かったのでもっぱらキタでした。
うろつくエリアはレコ屋中心に東通商店街と駅前ビル、
今はなき32番街のレコ屋(大きなディスプレイがいつも飾ってあるのが
都会!と思いました)でした。
当時のレコ屋はもうあまり残っていないので寂しい限りです。
LPコーナーが突然閉店してしまってかなりショックでした。
店にあった商品はどうなったんでしょうか。

§

>>ものすごいご近所にデデさんの家があるのですね!
>>びっくりです!

僕もびっくりしました、

>>flowerさまはミナミの人だったのですね!
>>うろつきエリアがミナミかキタで
>>かなり雰囲気が違ってきますねー。

当時の町名は南区久左衛門町でした、(ラブホ・ソープ・ピンサロ街でした)
旧い店舗付き住宅の三階というハードな住環境で育ちました(笑)、

通学していた中学~高校が天王寺区にありましたので、
行動範囲が非常に限られていました、

>>flowerさんは楽器をプレイされる方なんでしょうか??

Drとギターを少々たしなみます、

>>私は10代の頃はミナミは遠かったのでもっぱらキタでした。
>>うろつくエリアはレコ屋中心に東通商店街と駅前ビル、
>>今はなき32番街のレコ屋(大きなディスプレイがいつも飾ってあるのが
>>都会!と思いました)でした。
>>当時のレコ屋はもうあまり残っていないので寂しい限りです。

阪急グランドビルのレコード店ってありましたね、
確かクラシック音楽の在庫が多くて有名だったように記憶しています、

>>LPコーナーが突然閉店してしまってかなりショックでした。
>>店にあった商品はどうなったんでしょうか。

東通りのLPコーナーはいい店だったのですが、
店にたどり着くまでが面倒でした、
そりこみの入った怖いお兄さん達に何度もからまれました、

抱えていた在庫ですか。
きれいなカタチで閉店したのなら業者間販売でさばいたと思いますが、
そうじゃない場合だと在庫を押さえた業者が
古物商のオークションとかで叩き売ったんじゃないですか?


§ Re: flowerさま

>阪急グランドビルのレコード店

そうです!クラッシックの在庫が豊富な店、ありました!
今は駅前ビルに移転しているようですよ。

>東通りのLPコーナー

あそこは特異な環境にあるレコ屋でしたね~。
学生が気軽に行ける場所じゃなかったです。
LPコーナーに到着するまで、
私も衝撃の目撃体験が数知れずありました。。。

残念ながらあのお店はきれいな閉店ではなかったそうなので、
しばらくは「さっき店を閉めたそのまんまの状態」で
商品が放置されていたそうで、
かなりその後のストーリーがありそうな予感がします。。。

§

えっ~デデさんって亡くなってたんですか?知らなかった。。
ポップス・イン・ピクチャー見てましたよ。もちろん。当時京都在住でした。
もぉー正座して見てました。この番組とMLしか当時情報なんにもなかったですからね。。必死で見てましたw
デデさんはヤングオーオーに出てるのになんで洋楽番組に?
でも詳しいなぁって思っておりました。
あの番組は偉大でした。ビデオデッキも庶民の家では無かった時代ですからね。20万くらいしてました。ビデオデッキ。
なんで、もぉ、目に焼き付けるように見てました。
ロリーの映像は記憶にないんですけどね。
相方の阿木譲さんって方がミョーにクソ生意気なお方でしたw
ロックマガジンも難易度高くて難しい雑誌でMLと音楽専科
購読してました。ノスタルジー♪

§ Re: ろーりっこ さま

デデさんの訃報、びっくりでした。
あの方の存在は関西のロックファンには大きいですね!
ポップス・イン・ピクチャーを観ておられたんですか!
いい番組でしたね~(涙)
確かにロリーさんはあの番組で観た記憶がありません。
もしかするとポップス・イン・ピクチャーの超初期に放映されていたかもです。

阿木譲さん、小難しい印象があります。
渋谷陽一を意識していたんだろうなあと思いました。
MLと音楽専科!読みましたね~|!
ワタシはこの雑誌で十代を過ごしていたと言っても過言ではないです(笑)

§

はじめまして。なつかしくて思わずコメントさせていただきます。
ポップスインピクチャーは、私が中学生の時にオンエアされてました。
私は大阪住民で、UHFのアンテナ経由でサンテレビ派でした。近畿放送は映らなかったんです。
まだMTVもベストヒットUSAもない時代、英米ミュージシャンのPVが観られるのはこの番組だけでした。
毎週かぶりつきで観てましたねえ。途中から関東でも観られるようになりました。
クイーンのファーストアルバムが紹介されたのはよーく覚えてますよ。
邦題が「戦慄の王女」だったんで、デデさんがレコード会社の人に「クイーンなのになぜ王女なんですか?」と聞いてました。
その時に「ライアー」のビデオが流れて、かっこいいバンドだなあと。

阿木譲さんの「ロックマガジン」、創刊号から4号まで買ってました。4号あたりからテイストが様変わりして読まなくなったなあ。
タコの山崎春美氏がアマチュア時代から評論載せてましたね。

私はミナミの文化圏に住んでたので、法善寺前のロック喫茶「ビートルズ」や、松竹座前の「5スポット」によく行きました。
ちょっとお出かけ、って時は梅田や京都へ。
阪急グランドビルのレコード屋は「ダイガ」でしたね。ここでよくロックのレコード買いました。阪急ファイブの大月楽器でも。
心斎橋のミヤコでもよく買いました。ミヤコはラジオ番組のスポンサーやってたぐらい大きな店だったのに、残念でしたね。

もう大阪を離れて30年近くになりますが、あの70年代の大阪で青春時代を過ごせたことは幸せだと思っています。

§ Re:LADY STARDUST さま

ようこそ、いらっしゃいませ~!
≪ポップスインピクチャー≫、いい番組でしたね~。
映像を見せるだけでなく、ちゃんと解説や当時の世相を反映した意見をデデさんが
語っておられたので、ものすごく勉強になりました。
今あの番組の録画が見たいです!

大阪のミナミ文化圏とキタ文化圏、完全に違いますよね~;
言い方は悪いですが、反りの合わないガイコクというか、
バングラデシュとコペンハーゲンというか、正反対の性格の兄弟というか。。。
ごちゃごちゃしたミナミの文化はマニアな人との繋がりを、
キタの蛸壺的文化はオタク魂の育成を、という感じがあります。

今。レコード屋はほとんど残ってないですよ!
あってもジャンル別の専門店ばかりです。

心斎橋の店もすっかり入れ替わって、品格も何もかも無くなって、
全く別の商店街になっていて、寂しい限りです。
思うに、70年代から80年代の中期が
一番活気があったのではないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。