おっさんの祭

昨日のkumiさんの映画がらみのコメントで思い出した事をひとつ。


70年代中期にザ・バンドの解散ギグ(映画”ラスト・ワルツ”ですな)に
ロリーさん、ちょっと出てみーひん?というオファーがあったんですが、
スケジュール調整がうまくいかないので断ったところ、
クラプトンに話が行ったそうです。

いわゆる「アメリカを代表するドロクサビッグアーチスト揃い」ゆえ、
ちょっと引いてしまったのか?

ロリーが個人的に「めっちゃ好きなボブ・ディラン」や
「ロリーの神様・マディ・ウォータース」が居たから
出にくかったのか??

しかもそのボブ・ディランには以前、
個人的にものすごい失礼をしてしまっていたので
会いにくかったのかもー。
(楽屋にディランが来たけど弟が追い返した)
ちゃんと後フォローはしていたそうですが…

そんな色んな話を推測しながら観るのも、味わい深いですね~^^

映画「ラスト・ワルツ」の中で、もっともドロクサな曲の一つをご紹介。
おっさんの祭と化してます。

♪Mystery Train / Paul Butterfield & The Band

tag : ロリー・ギャラガー RoryGallagher Taste テイスト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる