スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら、

ブログ開設7年目で、やっと
フェイスブックの≪いいね!≫ボタンを置く気になりました。

気が向いたときにポチっとやっていただけたら、
ブログを書き続ける励みになります。
宜しくお願いします。

また、フェイスブックにも更新お知らせページを置いています。
どうぞご利用ください。
https://www.facebook.com/ロリーな毎日更新連絡-961431420565839/

…日本語のアドレスって大丈夫なのか??(汗)
スポンサーサイト

おっかけブライアン

ワイト島のDVDでも語っていましたが、
ブライアン・メイ選手、昔からロリーが大好きだったそうで、
学生時代激ハマリしてから懇意にしていたらしく、
77年だかにロジャー・テイラーと一緒にロリーの
楽屋訪問の写真があったりで、
親しい師弟関係だったように見受けられます。

クィーンのアルバム『華麗なるレース』の中の
ラウドなギタープレイの曲、
『タイ・ユア・マザー・ダウン』でのボトルネックプレイは
ロリーさんのギタープレイからヒントを得たらしいです。

DVDでは語られていない、重箱のスミをつつくような小ネタを少し。

1967年から68年にほぼ週二回の割合で
ロンドンのマーキークラブにテイストが出演しており
(マーキーはテイストに毎週火曜日に出演の契約をしており、
69年まで頻繁にマーキーでプレイしていた)、
68年前後はロンドンのインペリアルカレッジで天文学を専攻していた
ブルースロック大好き青年ブライアン・メイが、
当時のロンドンの若者の音楽の中心地、
マーキーに日参していた際、
たまたま観たテイストに激ハマリしてしまい、
「なんであのボロいギター1台であんなデカい、
いい音が出るんだ?」と
ギターおたくなブライアンはさっそくロリーさんに質問、
気さくなロリーさんは、
「このストラトとVOXのAC-30のアンプ、それから
レンジマスターのトレブル・ブースターを使え~」とサクッと
教えてくれたそうです。
(そのせいか、ブライアン使用のアンプはVOX)

以後、ブライアンはロリーさんがマーキー出演の際は
必ず観に行っていたらしいです。
かなりロリーさんにメロメロに入れ込んでいたのか、
当時ロリーさんが住んでいたアパートの地下室に
ブライアンが引っ越ししてきたというエピソードも。。。

クィーンファンの方なら、ブライアンが学生時代、
ガールフレンドと猫のスクィーキーと一緒に
ロンドンのアパートの地下室で暮らしていた、という話を
ご存知だと思いますが、
そのアパートにロリーさんも住んでいたのではないかと思われます。

で、その頃の思い出で作られたロリーさんの曲が、
『ラウンドロマット』とかいう話は定かではない(笑)

話は前後しますが、
冒頭に出てきたクィーンの曲の話ですが、
ワタシとしてはグジャグジャしたプレイの
『タイ・ユア・マザー・ダウン』より、
『スリーピング・オン・ザ・サイドウォーク』の方が
合いの手の入れ方とかこの曲のギタープレイ自体が
かなりロリーさん風味だと思います。

♪sleeping on the sidewalk / Queen

tag : ロリー・ギャラガー テイスト

今年の秋はテイスト祭!!

すろはんさんからの情報ですが、
15日発売の雑誌≪レコード・コレクターズ≫11月号に、
1976年12月のハマースミスでの悶絶白黒お写真と、
2ページに渡るドナルのインタビューが載っているそうです!
ちなみに来月の12月号はインタビュー後半が載るそうです。
すでにタワレコでは発売されているそうですよ~!

http://8152.teacup.com/slowhandmtani/bbs/6000

都会田舎在住のshinolezさんは都会で働いていますが、
その都会の本屋に行く暇もなく、
まさかと思って我が街富田の本屋を覗くと、案の定未入荷。
明日も都会の本屋には行けないと思われますゆえ、
静かに15日を待つのでありました…ショボーン。

近所の本屋にレコードコレクターズの取り扱いがない場合は、
アマゾンでも売っていますよう!
気が早いようですが、
12月号の予約もやってましたぜ、旦那。

tag : ロリー・ギャラガー テイスト

熱いアイツが気にかかる!

今日見つけた古田織部没後400年展の電車の吊り広告。
織部焼きて、人の名前だったのですね。

oribe.jpg
≪佐川美術館 没後400年 古田織部展
2015年10月10日~11月23日≫


それはさておき、この表情のモデルは誰か気になる。
あの人やん!とぼんやり分かってるんやが、
いかんせん名前が出てこない。嗚呼、老人力。

感極まった顔がクラプトンっぽい。
蛇皮線の構え方がペイジくさい。
『永遠の熱』にとてもツェッペリンを感じる。
大穴でロビン・トロワーかも。

ロリーさんと思えば、そう見えんことも無いですが
(初来日の頃の井上順ロリーにこんな表情の写真があった
ような記憶が、、、)、
まあ、ロリーさんでない事は確かやな。。。

tag : ロリー・ギャラガー

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。