スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスク1と2は≪アイリッシュ・ツアー '74≫の完全盤だった!

ぼちぼちっと≪アイリッシュ・ツアー '74 
40周年記念デラックスボックスセット≫を聴いています。
今日はディスク1と2の、
1974年1月3日と5日のコーク・シティホールを聴いてみました。


この日の録音から、かのアルバム≪アイリッシュ・ツアー '74≫は
構成されていて、言い方を変えればこのディスク1と2は
アイリッシュ・ツアー完全録音盤、という感じでしょうか。

ディスク1と2の収録曲は以下の通りで、
*印のない曲は従来のアルバム≪アイリッシュ・ツアー '74≫に
収められています。

Disc 1
Cork (3rd and 5th of January 1974)
1. Messin’ With The Kid*
2. Cradle Rock
3. I Wonder Who
4. Tattoo’d Lady
5. Walk On Hot Coals
6. Laurdromat*
7. A Million Miles Away
8. Hands Off*
9. Too Much Alcohol

Disc 2
1. As The Crow Flies
2. Pistol Slapper Blues*
3. Unmilitary Two-Step*
4. Bankers Blues*
5. Going To My Hometown*
6. Who’s That Coming
7. In Your Town*

ディスク1の冒頭曲、"Messin' With The Kid"はショウ開幕の
1曲目のせいか調子が出ていないのか、所々でぎこちなさが目立ちますが、
2曲目の”Cradle Rock"からはギア全開、
以下全速力で駆け抜けていくロリーさんのプレイが味わえます。
正編のアルバム≪アイリッシュ・ツアー '74≫での曲並びと同じ
2曲目の"Cradle Rock"、3曲目"I Wonder Who"、
4曲目の"Tattoo’d Lady"が続きますが、
この曲の流れは切りようがないほど完璧な流れゆえ、
そのまま正編アルバムに採用されたと思われます。
ディスク1はそのまま正編アルバムと言っていいと思いますが、
若干これは…と思える曲が選考漏れしたようで、
ロリーさんの≪つねに自分自身のプレイを客観的に見つめる厳しさ≫が伺えます。

また、"Laurdromat"や”Hands Off”がいい出来なのに(特に"Hands Off")
正編から漏れているのは、
当時テレビ放映されていた曲だからあえて外したのかとも考えられます。
ライヴ・アルバムというとショウの代わりに聴いてね、という類のレコードで、
ショウ完全収録が多いですが、
ロリーさんの場合は一部しか収録されておらず、
続きが聴きたければショウに来てね、という
ある意味プロモーション活動として出されていたのではないかと思います。

1972年に”ライヴ・イン・ヨーロッパ”をリリースの後、
73年半年に2枚スタジオ録音をリリース(!)の後、
その次の年にアルバム≪アイリッシュ・ツアー '74≫をリリースという、
今では考えられない超ハイペースでアルバムを出していましたが、
このロリーさんのライヴアルバム2種類は一枚組のみ(*脚注.1)で、
お小遣いの少ない青少年向きに作られたとは思いますが、
ふとそんな裏もあったのではないかと思ってしまうような内容になっています。

この1月3日と5日のコークのライヴの聴きどころは何といってもディスク2の全編、
観客と一体化したアコースティック曲(1曲目から5曲目)で、
もう床板踏みっぱなしのハイテンションな様子が非常に熱い!

このアコースティックセット自体、
ロリーさんのどの時代のショウでもだいたい同じ曲が演奏されているので、
このアコースティックセットの盛り上がり加減で
ロリーさんのその日のショウの楽しみ具合(たいていは満点なんですが)が
分かってしまいます。

最後の"In Your Town"でこの日はシメ、という訳ですが、
もういつまでも続いて欲しい、と思わせるプレイです。

どうしてこの内容を2枚組アルバムで当時出さなかったのかな、と
シミジミ思います*。(脚注・1)
今聴いてみても、この録音はとんでもない≪怪物アルバム≫です。

----
(脚注.1):アイリッシュ・ツアーを筆者はシングルアルバムと思い込んでいた。
アイリッシュ・ツアーは二枚組アルバムです。老人力がついてきた…。

すろーはんどM谷さまのご指摘により訂正させていただきます。
スポンサーサイト

tag : ロリー・ギャラガー RoryGallagher アイリッシュ・ツアー

チラ魅せ★ロリーさん

気になる
アイリッシュ・ツアー’74 発売40周年デラックス・エディション≫の
中身はこんな具合でした。

inner.png
▲井上順ロリー写真満載の内ジャケット
ブックレットのサインは決してワタシがマジックで書いたのではありません。

nakami.png
▲さらにジャケットを開くとCD類が。
建物の写真はコンサートを行った会場。
右側上の黒いのはセッション・テープのCD。
その下のリールの絵柄のは映画『アイリッシュ・ツアー』のDVD。

気になるブックレットですが、
楽屋での未公開写真多数です。
当時の様子やコメントが書かれています。

貴重な写真満載ですが、
素晴らしいほどブレたり、ピントが合っていない(泣)。
多分弟ドナルが撮ったと思われます。
昔のカメラゆえ、オートフォーカスでなく、
自分の視力を頼りにピント合わせしてたんでしょうね。
まあこれも身内写真の味といえば味ですが。

気になるCDの中身ですが、
ぼちぼち感想を書いていこうと思います。
期待せず待っていてください(汗)。

tag : ロリー・ギャラガー アイリッシュ・ツアー

ロリーさん到着!

本日無事にロリーさんのボックスが到着しました。
予想していたよりでかい!
シングルボックスかな?と思いました。
中身はまだ開けてないです。
週末にゆっくりと検証するつもりです。

とりあえずは通常サイズのCDとの比較。
CDのボックスってこんなのもあるのですね。
このサイズだと店頭販売しづらいでしょうなあ。

cover.jpg

裏面は井上順ロリー。
オラオラ~ってな感じです。
uracover.jpg

あまりの豪華さに
これと同じ形態の日本盤は出るのか?と不安に…。
嗚呼、貧乏性…。

It's A Hard Life

アマゾンに注文した10月21日発売の

ロリーさんのボックスがまだ来ませんよ。
関西だから明日かあさってには到着すると思いたいです。

冗談でも『ロリーのボックスは売れへん思って
4個しか仕入れへんかったわ』とか
言わんでください、アマゾンさん。。。(泣)

人生はままならん事の繰り返しなり。

Queen - It's A Hard Life (Official Video)

tag : ロリー・ギャラガー アイリッシュ・ツアー RoryGallagher

ゾクゾクと

アマゾンではアイリッシュ・ツアー’74のリリース40周年記念盤の
通常盤?と思われるブツの予約販売受付も始まっているようです。
お値段は10月1日時点で2283円。こちらも輸入盤です。

このブツはCD2枚組と16ページの未公開写真多数掲載のブックレット。
(ブックレットはボックスセットに添付されているものと同様と思われます)
CD2枚組のうち、一枚はアイリッシュ・ツアー’74の本編だとして、
あと一枚の内容は…?

ジャケットのステッカーしか今の時点で
内容をうかがい知る手がかりがないので詳しい事は不明ですが、
8月27日の日記 <隠し玉、現る!>
に書いた3日間のライヴのいづれかの日なのか、
それともより抜きで選ばれた曲なのか…等々、
いろいろ考えてしまいます。

irish.jpg


気になりすぎて買わずには居れんですなあ…。
またこうやって釣られるのですね。
ほんまに商売上手やわー。

tag : ロリー・ギャラガー RoryGallagher アイリッシュ・ツアー

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。