stay gold

40年前の作品ですが、感動は観るたびに新しい。
良い物は時間を越えても変わらないのです。

今考えると個人のアーチストで映画があったというのは
とんでもない事なんですね。
日本では同志が集まって細々と上映会をやったそうです。

本当はこんな形でアップロードしてはいけないんですが。
良心の呵責がありつつも、
まだ観たことのない方にお試しいただきたい意味で
貼ってみました。

今を遡ること41年前の映像。
ロリーさんが74年1月に初来日する前の
73年12月に行われた年末恒例のアイルランドツアーの映像。

ライブ映像だけでなく、
ロリーさんの人間性にも触れられる映像も多数含まれていて、
当時のアイルランドの状況の映像等時代的背景もあったりで
いろんな角度からロリーさんを理解する手助けになる一本です。
(一部演出としてヤラセ映像もアリ)

"Irish Tour '74" ~Full film~


やっぱりこの映画は、でかいスクリーンで、
大音響で観たい!!
やっぱりロリーさんは爆音でないと!!

会場借りてイベントやりたいなーとか、
フと思う今日このごろ。

恐怖!トンデモクリップ!!

たまたま見つけたトンデモクリップ。
題名を見てお分かりの通り、ロシアの人の作品です。
偶然ピンク・フロイドの曲(アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール)と
ビージーズの曲(ステイン・アライブ)のコード進行が一緒だったのか、
それとも映像と同時に音楽も加工したのか、
とにかく完璧に二つの曲が混ざってます。。。。

今見るとトラボルタの映像も管理社会の子供の映像も、
社会主義を彷彿とさせる映像に見えてしまう。
いろんな意味でちょっとショックな一本。

朝からツェッペリン!

きょうの朝7時半ごろからジミー・ペイジさんがNHKのニュースで
ツェッペリンの新しい作品について語っていたそうじゃないですか!
プロモ来日していたのか??
文字放送のニュースにもなっていてびっくり。
そのうち誰かyou tubeにUPしてくれんかの…。

ちう訳で、

5月11日に貼り付けた映像が消されていたので、
動かない静止画像バージョンで
あらためて<青春の旅路>をば。

♪Travelin' Boy - Rumer

青春の旅路

日本語の字幕をネタに書こうとあれこれ検索していたら、
こんないい曲に出会いました。

元歌はアート・ガーファンクルですが、
こちらのカヴァーにぞっこんです。
じんわりくる声と表現、生きてる幸せを感じる一曲。
カレン・カーペンターに似た声質もポイント高いです。
対訳を付けられている方が画面も製作されたようで、
歌詞に合った絵と効果がさらに感動を呼びます。

♪青春の旅路 Travelin'boy / ルーマー Rumer

フェイスブック、

参加されてますか?皆さん。
私も端っこに参加させていただいております。
世間一般には社会活動のツールのひとつですが、
ワタクシはやっぱりどうしてもロリー活動の一環として
使ってしまう悲しい性であります。

ロリー関連の方がけっこう登録されていて、
珍しい話やレアな写真もかなり見られます。
ハンドルネームにそのまま
『Rory Gallagher』とつけている人もかなり居られて、
最初は一瞬ロリーさん、まだ生きてたのか?と焦ってしまいました(爆)
気になる方はフェイスブックで
rory gallgherを検索してみると、出るわ出るわ…です。
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる