ルーたん!!!

8月17日午前3時、イギリスの南西部ボーンマスの病院で、
ルー・マーチンさんがお亡くなりになりました。
享年63歳。
脳卒中とガンと闘われていたそうです。

1973年から78年までロリーのバックバンドのピアニストとして活動に参加、
彼のオールドファンションなロックンロールの独特なピアノの味わいは、
ロリーの音楽に欠かせない味わいの一つになっていました。
77年にロリーから離れてからはピアノの講師やその他の活動をされていたようです。

今朝がた何の気無しにネット徘徊していたら、
目に入った訃報ゆえ、あまりに突然なので実感が全然わかない…
ロリーさんの戦友がまた一人…。
しかも、一番イキオイのあるいい時期を作った面子の一人ゆえ、
思い入れもあったりするので、ちょっと言葉が出て来ません…。
ルーたん、突然すぎるよ!!

ロリーさんのバンド参加していた方々も、
ぼちぼちそろそろ、なお年頃なのですね。
寂しい限りです。

ルーたんのご冥福を心からお祈りいたします。

lou.jpg
▲ロリーさんの隣がルー・マーチン。

≪災害お見舞い≫

よく降りましたね~。
夜明け近くに二時間強も大音響で雷が頭の上で鳴り続けて
土砂降り以上の土砂降りで、
天井が抜けるかと思いました。

近くの川が氾濫するんではと気が気ではありませんでしたが
どうやら我が街高槻は無事でありました。

京阪・宇治方面が浸水等でえらい事になっていますが…
そちら方面の方々、大丈夫でしょうか??
ひらいでさん、生きてますか!!

真夏の出来事

毎日暑い日が続きます。
お元気ですか。
もうそろそろ夏休みの時期に入る方も
いらっしゃるのではないかと思います。

夏は出会いの季節!冒険の季節!
新しい出会いが新しい世界を拡げたりします。
そして未だ知らない音楽との出合いもしかり。
なにげない出会いが後々の人生に非常に重要な意味を
もたらす事があったりするわけです。
などと、非常に強引な書き出しですが、
アナタのロリーさんとの出会いは何でしたか?

世間一般のロリーさんとの出会い方として、
1.雑誌・新聞で広告や記事、アルバム評を読んで
2.ラジオ・テレビで見たり聴いたりして
3.友人から勧められて
4.家にロリーさんのレコードやCDが転がっていたので
5.お父さんお母さんが聴いていたので自然と聴いていた
6.運命的な何かを感じて引寄せられた

…等々が考えられます。

ワタシはモロに1番の
『.雑誌・新聞で広告や記事、アルバム評を読んで』に該当しまして、
77年当時購読していたミュージック・ライフや
音楽専科に載っていたロリーさんのレコード(時代な単語ですねえ)、
『フォト・フィニッシュ』の広告でビビビと来まして、
ご存じの通り、このフォト・フィニッシュは
従来のロリーさんのアルバムとは思えないアカ抜けた写真ジャケットで、
何ちうか、もうやられてしまった訳ですね。
で、素直にフォト・フィニッシュを買えばよいものを、
ヘソ曲がりなゆえ、一作前の『コーリング・カード』を購入、
今まで聴いていたストレートなハードロックとは違った間合いにやられてしまい、
あとは坂道を転がるように…という次第であります。

多分このブログを読まれる方の年齢は、
おおよそ30代以降の方が多いと思われますが、
ご家庭を持っていらして、お子様がいらっしゃる場合は、
おのずと
4.家にロリーさんのレコードやCDが転がっていたので
5.お父さんお母さんが聴いていたので自然と聴いていた

の可能性が頻発するのですね。素晴らしい~。

ギターを弾かれるお子さんをお持ちの方は。
是非ロリーさんを聴かせて、
「ギタリストはリフで始まってリフで終わるんや!
派手なソロも基本が第一なんや!」と
お父さん秘蔵のロリーさんのDVDを観せるも良し、
ピアノ弾きのお子さんをお持ちの方は、
「どや!この50年代のロックンロールピアノ!
エルトン・ジョンもビックリや!」とうっちゃりをカマし、
『クレイドル・ロック』を聴かせて洗脳しちゃいましょう。
ひっひっひっ。
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる