スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想芽生え中…

只今12月31日午後10時07分、
まだ年賀状書いてません!(大汗)

紅白は知らない兄ちゃんネーチャンばかりで訳分りません!
TOKIO、いつの間にかオッサン集団に…;;;

それはさておき、今年もいろんな事がありました。
たくさんのロリーを愛する人達と知り合えて、
弊ブログやロリーフェスで素晴らしい時間を
皆さんと共有できたことをひとえに感謝いたしております。

来年も何かやりたいなー。今度は関西ですかな。
もう、ベタな普段着企画。
普段着のままでどうぞどうぞ的な感じで。
飲み会の延長みたいな感じでもえーんですが。
関西でロリーのコピーやってる人、いるだろーか?
むーん、その前に現場開拓に行かんとなあ。
年末のロリーなカウントダウン、
いつか実現すればいーなー。
…などと、ロリーな催しの妄想が芽生え中。

ちう訳で、来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

年中無休ロリー

ウン十ウン年前のアイルランドでは毎年、
『クリスマスが終わったら、ロリーのツアーが始まるぜ!
年末年始はロリー祭りだな!ガハハ!』状態だったそうで…
よろしいな~~。

年末年始のギグはこーいう感じで盛り上がっていたい。

♪Cradle Rock


うう、でかい画面でアイリッシュ・ツアー観たい~…。
音がデカすぎる余り潰れてる所がイイ。
ロリー映像大会とかもいいですな。

あ”あ”あ”あ”…

今年もあと残すところ一週間。早いですねー。
そーいえば、今年はロリー忘年会をやらなかった…
ロリーフェス反省会があったからいいか(笑)

そのうちロリー新年会等があると思われ…
おやびん、期待してますよー。
(久々の更新だと思ったら、結局飲みの話かいっ!)

ゴースト・ブルースを観るたびに
ドナルさんを交えて座談会をやりたい気になります。
あのDVDの中でもっと核心を語って欲しい人物である
ジェリーでも可。ライブに来ないかな。
ルーたんも付けてくれると尚有難い。
奇特なプロモーターさん、宜しく。

DVD、キター!

前出のブリティッシュ・ヴュージアム
(誤植と思ったけどこのタイトルが正しいそうな)のDVD、キター!
なんと日本盤でした(笑)
デジパック仕様でディスコグラフィー兼アーチスト紹介のページつき。
(下写真参考)

テイスト編はこんな感じ

凄い、ロリーが見開き合計4ページも!(笑)

ロリー編のページはこんな具合

ジャケットの色配分、テイストとロリーが目立たん!
色が暗過ぎて分からんじゃないか(泣)
内容がロリーたん関連が大半なんで
ジャケだけは他の出演者に譲りましょうという配慮か…(?)

内容はどっかで見た事のあるようなブツで、
you tube流出予防なのか画面左上のロゴがうっとおしい。
テイストのは「白黒でアンプの後ろに人がウロウロ」のライブで、
インタビュー部分が割愛されていて残念。

マーキーでのライブはお馴染み(?)映像で、
こちらも画面左上にロゴ。
ライブ・イン・ヨーロッパのジャケ写は
このころのマーキーでのライブ写真なのではと
あらためて思う。

演奏は文句無しで良い。
この頃から亡くなるまで、全然ロリーって変わってない。
歳を重ねるごとに、曲のおっさん度合いが不釣り合いでなくなって来るのが良い。

時代的に重なるハンブル・パイや、
ジョン・メイオールも楽しめるのでお得。
70年前後のブルースロックはこんな感じ、な
時代の切り口を味わう入門編としてうってつけ。
これとジミヘンの映像を合わせて観れば完璧です。

聞いた事のないレーベルがリリースしているので、
今出てる分を押さえないと入手困難だと思われ。
気になる人はお早めに!

こっそり発売

すでにご存じかも知れませんが、
こーいうDVDも発売なのですね。

ブリティッシュ・ロック・ヴュージアム Vol.3 BRITISH BLUES & HARD ROCK
ブリティッシュでカテゴリされる悲しさよ(泣)

ハンブル・パイとの抱き合わせですが、ロリーさん大フューチャー!
ほとんどロリー特集と言っても過言ではない一枚。
年末年始の骨休め時に、新年のご挨拶にご活用ください。

輸入盤だそうで、日本盤の発売はあるんだろーか?
出たらまた買いますよな…って誰が?(苦笑)

気になる本編の内容はこちら。
本編約74分

ハンブル・パイ
HUMBLE PIE - Live from Bilzen Festival
1. Sad Bag Of Shaky Jake

テイスト
TASTE - Live from Bilzen Festival
2. Blister On The Moon (Rory Gallagher)
3. Sugar Mama (Trad. Arr. Rory Gallagher)

ロリー・ギャラガー
RORY GALLAGHER - Live at Marquee Club, London, 1972
4. I Could’ve Have A Religion (Rory Gallagher)
5. Pistol Slapper Blues (Blindboy Fuller)
6. Messin’ With The Kid (Junior Wells)

ロリーものだと、昔ブートビデオで出回っていた
汚い画像のライブがキレイにDVD化されたと考えればよろしいかと。
テイストのビルツェンフェスの映像は珍しい気がする…。
そーいう訳で皆さん、ポチっとな。
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。