お世話になったあの曲、この曲 ~その4~

私のロリー初体験は、一般のロリー好きさんからすると、
かなり異色かも知れませんが、『コーリング・カード』です。
13か14のチューガク生が聴くモンにしたら渋いですな。
当時でもチューガク生の耳にはこのアルバムはゆっくりした曲が多いし、
かなり渋いアルバムだと思ってました。

何というか、この人の「間」にシビれましたね。
十代は一往にして、「速い」「ウルサい」「カン高い」に流れがちですが、
どーも私はロリーの「間」と「合いの手」、そして「コキーン!」にやられました。
いかにも酒呑みな声ですが、声も好きでした。
勿論、腐女子なんで、ご多分に洩れず「ムーンチャイルド」に萌えましたねー。
あの曲はライブではもっと丁寧に歌っていただきたかった。
ロリー先生、ストレートに燃えすぎだー。

ちう訳で、一発目の映像はマイ原点77年ロリー
この映像は日本ではいつごろ初放映されたんでしょうね?

77年当時、この映像が日本でも観る機会があったらならどんなにか…
70年代後半~80年代前半まで、
MTVが始まる前に放映されていた洋楽テレビ番組(サンテレビ等で放映)を
ず~っと観ていましたが、ロリーが流れた記憶は無い…。
NHKのヤング・ミュージック・ショウで、76年のグレイト・ホイッスル・テストの
ロリーの回を放映していたらばどんなにか…か…

77年ロリーは神懸かり的です。オーラが違う。
曲の終盤にポーンと跳ぶのがたまらん~。
別の曲の冒頭では、タオルハンカチで汗を拭き拭きしてますが、
そのギャップがなんともイイ(笑)。

♪Do you read me @ Hammersmith,1977


なぜロリーが好きなのか、と訊かれると、「熱さ」と「合いの手」と答えてしまう…
かなり謎な答えと思われて、説明に苦労するんですが、
その明確な答えはこの映像にあります。
この映像のロリーでさらに人生狂いました。そして現在に至ル。

来年もロリーさん共々宜しくお願いします。
みなさま、よいお年をお迎えください。
Rory on!

♪Tore Down + Laundromat@Savoy Cinema, Limeric, 1972

tag : RoryGallagher ブルースロック Gallagher Rory ロリー ロリー・ギャラガー ギャラガー アイルランド

お世話になったあの曲、この曲 ~その3~

皆さん、この辺りでアコースティックが欲しい頃では!!
ちう訳で今年よく観たアコースティックなロリー

一発目は1st出したての若干23歳のお肌ぴちぴちロリー
若いけど老成してます。ロリーの味わいの一つですな。
「んー!」がご愛敬。
ひらいでさんご指摘どおり、しっかりいつも目を閉じて歌う人だなあ…
ソロパートの時に写真を撮りまくっておられますが、あの写真は一体何処に…?
個人蔵になっているか、すでに廃棄されてるんでしょうかねえ。うう…。
曲が終わってから、さんきゅー!とギターを掲げて挨拶する後ろ姿に、
ロリーの人格が出てて、イイ!
ちなみにロリーがギターを手渡した人は、弟ドナル。
この人もチェックシャツ着用。

♪Wave Myself Goodbye @Paris, 1971



はっきり言って、アコースティックな曲の映像はイマイチつまらん物が多いですが、
これはそのイメージを吹っ飛ばしてくれました。
やっぱりアコースティックもロリーさんはきっちり熱いんや~!!
若干映像に無理矢理に歓声を過剰に被せてる感がありますが、
何度観てもこのバージョンは素晴らしいです。
Out On The~のイントロがいたく感度的。
この日のテイクは現存するロリーの映像のベストバージョンに入ると思われ。
78年前後にロリーのショウを観た人、こんなロリーを観てたんですね…TT

♪Too Much Alchol + Out On The Western Plain@Dublin, 1978


tag : RoryGallagher ブルースロック Gallagher Rory ロリー ロリー・ギャラガー ギャラガー アイルランド

お世話になったあの曲、この曲 ~その2~

一日一曲で、大みそかまでで合計4曲…と思っていましたが、
やっぱり収まりがつかないので(笑)複数アップしますた。
昨日にひきつづき絶対的に日本では人気のない80年代ロリーどぇす。

ロリーは一般的に70年代アーチストとして位置づけられているし、
80年代ロリー自体、今の時点でもそうですが、当時から誰も話題にしなかったし、
当時の曲や映像自体、あんまり一般には好まれないようで、
世間ではかなりサミシイ扱いをロリー自身受けていて、
私としては非常にいたたまれないんですが、
試してみたらやっぱりウマくて案の定ハマりました。
まだまだイけます、元気です、ロリー・ギャラガー

80年代に入ってから丸さが加速してきていますが、まだまだ大丈夫です。
この頃からおっさんの色気が出てきてなかなかよろしい。
今日取り上げた82年やら85年の映像は、観ていてまだまだ元気だし、
十分アツいし、本人もかなり充実していたと思います。

この82年のThe Devil Made me Do Itにはキーボードは不要だと思うんですが…
ソロパートがある訳でなし、やたらと音が邪魔やがなー。
ルー・マーティンっぽくロックンロール調に弾いてたならもっとしっくりくるはず。
まあ、細かい事は考えず、踊れ、歌え~~!!

♪The Devil Made me Do It@Loreley, 1982


次は85年のモントルー。
昨日の映像と同じショウで、実はロリーはシタールだって弾くんです。 
決して『ぞうさん』ギターじゃないぞ!
マーシャルがザクザクきますね。

あー、モミアゲがもうこんなに短い~。
この曲の切ないリフがなんとも好きですな。
そのうち韓国ドラマに使われそうな予感。

ストラトやらおなじみのギター以外のブツをステージで使いだしたのも80年代ですね。
うーむ、ヤツはギター・コレクターゆえ、
もっと何かヘンなブツを隠し持っていたはずだ!
ジェリーあたりが冗談で撮った80年代中期あたりのリハか
セッションのビデオとか残ってないですかねー。

あらためて思いますが、モントルーのDVDセットは内容充実でめちゃお得です。
「結婚式の写真」にはワロタ。

♪ Philby@Montreux,1985


tag : RoryGallagher ブルースロック Gallagher Rory ロリー ロリー・ギャラガー ギャラガー アイルランド

お世話になったあの曲、この一曲 ~その1~

今年もあとわずかを残すばかりとなりました。
2009年は血中ロリー濃度がより一層高まった一年でした。

今日から31日までは、
この一年、よくyoutubeで観た曲をご紹介~。
いつも同じモンばっかり観てる、と言われそうですが(汗)

今日は85年のモントルーの映像。
ちょっとオッちゃんロリーですが、ウマいもんは旨い!!

イントロの掛け声が秀逸!これだけでご飯おかわり可能です。
メンバーへの指示出しの様子も見られてお得。
それにつけてもエエ音出してます。
観客の萌え萌えのオッちゃんもイイ!
『肩から汗をかくロリー』は、こんなんですよー、という
格好の見本映像でもありますな(笑)

♪Bad Penny / Live at Montreux 1985

tag : RoryGallagher ブルースロック Gallagher Rory ロリー ロリー・ギャラガー ギャラガー アイルランド

Season's greeting

まだまだ平常通りの生活は続きますが、
クリスマスのご挨拶~~。

HAPPY HOLIDAYS!
どっかで見た画像だとかは気にしない…

みなさま、ロリーなクリスマスをお過ごしくださいませ。

tag : RoryGallagher ブルースロック Gallagher Rory ロリー ロリー・ギャラガー ギャラガー アイルランド

魅惑のロリーフィギュア

よせばいいのに仕事場近くのフィギュア製作販売のお店に、
一体限定ものフィギュアを注文製作した場合、
いくらぐらいになるか訊いてみた。

店頭で問い合わせ時、手持ち資料がなかったので、
店の人にロリーの姿をPCで検索して見ていただいた結果、
ストラトを抱えた姿で、細かいあれこれ注文を付けて、
ミュージシャンの姿専門にフィギュア製作をしている
アメリカのフィギュア製作アーチストに注文した場合、
高さが50センチぐらいで、一体ものの場合、
40~50万だそうです。
10体まとめてだと一体あたり30万ぐらい。

…もしかすると、そのアメリカのフィギュア作る人は、Knucklebonzの人では?
そりゃご勘弁を~~。
ジミー・ペイジやらブライアン・メイのフィギュア、
大きな声では言えないが、そりゃー悲惨なもんです…(涙)

こりゃ×××…(涙)

40万出して鼻息荒く、製作してもらったものの、
仕上がりが崖から突き落とされるようなガッカリ具合で、
「この時代のロリーになんでこの柄のチェックシャツで、
なんでこの色合いのリーバイスで、この髪の毛の長さで、
なんでここの部分にストラトの塗装が残ってんねん#」という、
製作者だけが満足しているような仕事してもらっては物凄く困る訳です。

細部にこだわる口うるさい日本人には、
繊細な感覚を持つ日本人アーチストに製作していただきたい。
パーフェクショニストと呼んでください。
早い話が偏執狂…。

tag : RoryGallagher ブルースロック Gallagher Rory ロリー ロリー・ギャラガー ギャラガー アイルランド

冬のロリー祭り

びっくりしましたねえ。9万5千円ですよ。
プログレの世界よりまだまだマシですが、ちょっとたまげました。
何がって、ええ、テイストのファーストアルバムで
1970年発売のグラモフォン盤、オビ付きのレコ1枚のお値段です。
もちろんオークションですが。
いちだんとロリー関連グッズが
「アンティーク・骨董品」の分野に入りつつありますな。

ロリー関連の雑誌記事が載ったせいか、
年末をひかえて皆さん物要りなのかは不明ですが、
珍しい物がどんどん売りに出されつつあります。
嬉しいんだか、悲しいんだか、ちょっと複雑な心境ではありますが。

行っとく?
▲これはテイストのシングル。「アートロック」だったらしい。

皆さん!!

ギター・マガジン1月号(表紙・ガンダム)の目次に、
ロリー・ギャラガー:76ページ
の記述がありますが、
内容はミック・テイラーなので注意しましょう!!

二カ月連載かと一瞬血圧が上がったぜ!(笑)
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる