スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んんん?

こんな色味のタトゥーのオビ、ありました??
『日焼けしていないバージョン』かも??
むーん…(-"-)

オビだけ新しいで~

ロリーの周りには謎がイッパイでつね。

スポンサーサイト

ときめきのHoodoo man

今Hoodoo womanがちょっとしたマイブームで、
なにげにYou tubeで検索したバージョンの画像が
えらくウマーだったので貼ってみた。

80年代を中心に、見たことない写真が満載ですよう!
(もしかしたらビデオのスチルかもー。)
70年代のもぽつぽつあって、
会場不明な白黒ライブ写真とか、
2'57"あたりの楽屋風景写真(これ、日本ですかね?
ロリーの傍らにJALの飛行機バッグがあるよ!
でも井上順ロリーではなく髪の毛伸びてるし、日本公演後の公演地かも)
4'38"あたりの松田雄策マンドリン演奏中写真やら、
曲終了後の休憩写真が激ウマでつ。

まだこの時期は曲の途中で、Hoodooを連呼して遊んでない~(泣)
ワシはあれが好きで好きで~~~(←マズいもの食い)

♪Hoodoo woman@Germersheim, Germany, 22nd Mar, 1972
(The 2nd British rock meeting at Green Island )


ロリーな雑誌

もしかすると、日本の雑誌でロリーが表紙になったのは
ニュー・ミュジック・マガジン76年1月号とギター教則本はちょっと別として
このプレイヤー1977年11月号と
ロッキンfの77年2月号だけですかね?

『おーらい♪』
▲プレイヤー1977年11月号

『キター!!』
▲ロッキンf・1977年2月号


2月号と11月号、約一年ほど期間を置いて発売されているのに、
なぜに二冊とも同じ野外フェスの写真なんだ??

プレイヤーの記事はいつも読みごたえがあっていいなあ~~。
ロリーが楽しげに話してる様子が目に浮かぶ…
誰かこのインタビューの様子、ビデオ撮ってないかああー!!(涙)

あ、ロッキンfの記事も憎めなくて大好きです!!
特に76年11月号のレディングリポートはロリー山盛りで大好きですうう!!!

今思い出した(汗)

皆さん、
ブルーディスクか何かで7月かに出るらしいBig Gun、
もう予約されましたか?

…ちょうどボーナスシーズンだなあ~。。。

現行出てるやつも、
でっかい音で聴けばそれなりに実況感モリモリでつ。

嬉しいような、悲しいような…

ううう…(T_T)
キラリと光るコレクションが…
「ちゃんと自分で聴く」人の元にもらわれて行きますよーに。

売主さんのHPがあれば見てみたい!!

G-man、聴いてますか?

久々に"Meeting with the G-man+"を聴く。
ラウドでなかなかよろしい。
現場にいたら確実に翌日は難聴になる音の大きさなんだろうなー。

93年の収録という事で、いろんな憶測をしてしまいますが、
このライヴでは一応元気なので安心。
本人が実に楽しそうにプレイしているのが良いですな。

しかーし、お遊びでイントロだけちょろっとやるのはいかがなものか。
最後までどないかして自分の曲に繋げんかいっ!
こういうのが聴いてて一番冷めてしまう。
思いつきだけで弾かれてもなあ。
廻りに意見する奴は居らんかったのか?

まあ時期的に、あちら側の世界に行っちゃってたんだとは思いますが。
それはさておき。

もしご本人様が未だご存命で、参戦したライブで数度同じことがあれば、
絶対ワタシは直訴しますね。
指摘したあげく、さらりと
あのプレイは全然意味ないよ、だから何?とご本人様に言われても、
あえて言わせていただきます。 嫌われて結構。

他人に言われなきゃ分からない事だってあるんです~。
ワタシは決して100%ロリーマンセーではないですよ、ええ。

ヌルいファンがアーチストを駄目にしてしまう例を多々見てきたので
あえて好きな人には苦言を呈しますよ。
ワタシは鬼ですから。

ロリーさん♪お買い物情報♪

まだまだ続々とロリーさんのアナログブートレコはリリースされているようですが、
すでに持っているカラーレコードの色違いが出たからといって、
アナタは何も考えずにホイホイっと買いますか?

レコはミドリ色
▲去年出た74年3月25日カンサスでのライブレコ。
ブートCDでは3枚組でちゃんとショウ完全収録が出ているので
ちゃんと聞くならCDの方がよろしい。
あくまでもレコは記念品としてどうぞ。


こっちのレコは紺色
▲今回出た同じ内容の色違い。内容は全く同じ。
ジャケットの写真は同じだけれども印刷されている紙の色が違う。
いまどき白いボール紙ジャケットに色紙貼ってるだけの
新発売ブートレコってある意味貴重ですな。
このノリがロリーな時代再現!といえばそれもまた良しか…


これはもしかするとブルフログの二の舞なのかも!!
こっちは三種類ぐらい色がある
▲なんでこんなジャケ絵にしたのか疑問なレコ。
はっきり言って大嫌いです。
このレコは色違いが数種類出ていて
収集癖のある人には気が置けないアイテムとなっているが
ジャケがジャケだけに集める気はない…。


●追記●

手持ちの売りブート:"Made in kansas City"は
74年8月1日収録のデータですが、
ツアー日程資料から見ると74年3月24日に
同会場(@Cowtown Ballroom)でショウ、
音的にも同内容と思われるので
売りブートのデータが違ってるのかも…

7/8月はQuoと一緒にアメリカ廻ってたみたいだし、
途中でサポートアクトが変わってヒープと廻ってるし、
ツアーの途中でそんな事あるのか?
広大なアメリカだから何でもアリとは思いますが。
ちょっとこのへんは謎ですな。

ちなみに上記のブートレコ"US TOUR '74 Part 1"収録曲は、
Side A:
Messin' with the kid
Cradle Rock

Side B:
I wonder Who
Tatto'd lady

…の4曲。 
蛇足ながら売りブートCDの一枚目、
頭から4曲目までしか入っていない…。
このあと売りブートではWalking on hot coals,
A million miles..~と続きます。
エエぞ。

海文堂の怪

皆さん、連休はいかがお過ごしでしたか。

フラリとよせばいいのにワタクシは神戸方面のレコ屋と古本屋を徘徊、
今回は何も収穫もなく、フラフラになりながら帰り道に
ついでの余力で海文堂書店に寄ったところ、
90年代ロリー(100%パチ)と遭遇…

びっくりしました。
髪の毛の天パ具合もそのまんまで。
身体の厚みもそのまんまで(涙)

…だんだんロリーさんがエルヴィス化してきたTT
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。