どこ吹く風

ノーベル文学賞受賞の発表から早一週間、
ノーベル財団は未だにボブ・ディランさんと連絡が取れていないそうですが、
思うに本人はノーベル賞には全く興味ないんでしょうな。
それがまたアノ人らしいというか…。

ワタシはそれほどディラン信者ではありませんが、
いっときハマってました。
たぶん誰もが人生のうち一時期はハマる成分を持っているアーチストです。
この人の歌は、人生がもつれているときに聴くと、
異様に救われる気がするのです

ワタシ自身、
『ボブ・ディランがノーベル文学賞!』の報せを見たとき、
こんなのもアリか!と思いました。
はっきり言って、超変化球だと思いましたよ。
それなら、ビート詩人ギンちゃん(アレン・ギンズバーグ、
1926年6月3日 - 1997年4月5日)もアリなんじゃないかと…。

日本の報道もファンやディラン関連の人を取り上げて
騒ぎっぷりを報道していましたが、
何故、片桐ユズル氏を取り上げない?
何故、本秀康氏を取り上げない?
ディラン聴いてない証拠やね…。

♪Idiot Wind/Bob Dylan


<追記>
ディランの公式HPで「ノーベル文学賞受賞者」の文言が
21日に削除されたらしいです。
受賞辞退か?
まさにどこ吹く風ですな。。。

沢山トリビュートアルバムが出ていますが、

トリビュート活動をやっている
トミーちんやロビー様には悪いけど、
誰もフレディを超えられない、
誰もフレディを超えられない、
誰もフレディを超えられない・・・

Queen - Love of My Life (Live Rock Montreal -1981)

やべえ!

マリスカ、かっこよすぎる!!
マリスカになりてえー!!

怒りのクィーン

呼称<クィーン>と称して、ブライアン・メイさんがロジャーとその他数人で
クィーンの楽曲を演奏する活動をしておられますが、
アダム・ランバート、ええ加減にせえよ!!(激怒)
もう我慢できん!!
ブライアン・メイ、お前の耳は塞がってるのか!
なぜトミー・ハートを起用せんのだ!
あまりのド下手とブサイクぶりに震えた映像はこちら。

こんなニセモノで満足してる場合か!

下の映像は、人生ほぼ半分クィーンにもまみれてた人間が推すカバー。
トミー・ハートさんはご存知フェア・ウォーニングのボーカルですが、
バンドが閑散期のときはスペイン方面でクィーンのカバーの
お仕事をやっておられます。
細部は音域等、若干至らんところがあるかもやが、
トミーちんのほうが根性入れて真剣に仕事してるぜ!

日本公演熱烈希望!
もしくはトミーちんにクィーンでバイトの話が来ますように!

ちょっと見てみたい本二冊!!

野村義男の“思わず検索したくなる"ギター・コレクション
野村義男の“足の踏み場もない"エフェクター・コレクション
(共にギター・マガジン編集部編集、
リットー・ミュージック発行) が楽しそうだ!!
yo-g (1)
▲ギター本。楽しそうです。

表紙だけしか見ていませんが、
足の踏み場も無いほどのギターだらけ、
エフェクターだらけの空間です。

yf.jpg
▲エフェクター本。神経衰弱のようです。

表紙だけでドンキに迷い込んだような感覚になりました。
絶対面白い一冊であること間違いなし!
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる