FC2ブログ

イギリス・ギター・ショウ 2018

日本には絶対巡回しないであろう、
<イギリス・ギター・ショウ 2018>が
9月29日、30日の二日間、
ロンドンで開催されました。
g1_20180930235218b23.jpg
▲展示準備中のストラト

ここにはなんと嬉しいことに、
特別展示企画として
≪今年のピックアップ・アーチスト≫は
ロリー・ギャラガーで、
ロリーさん所有のギターが愛用のストラトを含め、
21本をズラリと展示されたそうで…。

g2.jpg
▲会場に泊り込みで見たい!!(垂涎)

ロリーさんの展示ギターは以下の通り。
1958 Flat Top Acoustic
1961 Fender Stratocaster
1966 White Fender Telecaster
1959 Fender Esquire
1933 National Triolion Resonator
1968 Martin D35 acoustic
1967 Gretsch Corvette
1978 Fender Musicmaster
1958 Gibson Les Paul Jnr
1960 Gibson Melody Maker
1963 Epiphone Coronet
1968 Coral Electric Sitar
1960 Danelectro 3021 Shorthorn
1959 Gretsch PX6121 Chet Atkins Solid Body
1957 Supro Dual Tone
1965-8 Red National Airline
1957 Rickenbacker Combo 400
1966-68 Mosrite Joe Maphis Mark XVII
1960s Vox Mark XVII
1965 Teisco TRG 1
1961 Kay K5962

g3.jpg
▲圧巻です!!

もうお馴染みのギターたちばかりですね。
ボロボロのリゾネイターやら、
赤いコーラル・エレクトリック・シタールやら、
雑誌の表紙でしか持ってるとこを見たことのない
いかにも'60'sなダン・エレクトロとか、
グレッチとか見てみたいです~(萌涙)

また、別の特別企画として≪アンプ60年の歩み展≫では、
VOXアンプのブースもあったようです。
vox_201810012246162b7.jpg

ロリーさん特集はこちらの左側です。
<ビンテージ・ゾーン>て!
95年没だともうビンテージアーチストやろなあ。。。
https://www.ukguitarshow.com/features/vintage-zone

はうう、これは行ってみたかった。。。
他にも盛りだくさんな企画です。
詳しい内容はこちら
https://www.ukguitarshow.com/

こんな催しが!!

ワタシは今、非常にやられた!!な気分・大です!
それと同時に、来るべき時が来た予感がします。
時代がワタシの要求にやっと応じてくれた感があります。

http://www.bakuon-bb.net/

7月にマーク・ボランの映画が渋谷と神戸で上映されるそうです。



終了してしまいましたが、5月にはボウイの映画が爆音上映されたらしいです。。。
http://www.boid-s.com/wp-content/uploads/2016/04/webBAKUONKYOTO_2016.pdf

ロリーさんの『アイリッシュツアー』、
またはテイストの『ホワッツ・ゴーイング・オン-テイスト
ワイト島ライヴ 1970』の映画を是非この企画で上映していただきたいものです。

まずはロリー好きさんの地道な草の根運動から全ては始まります。
みなさん、ふるってboidさんにロリーさん映画上映の熱烈メールを出しましょう。
以下のリンクをクリックして嘆願書を書きましょう!
http://www.bakuon-bb.net/contact.html

大昔、ツェッペリンの映画≪永遠の詩≫が
フェスティバルホールで上映された事実もあります。
当時高校生のワタシも当然観に行きました。
何度も映画館で観た映画でしたが、
地響きがする大音量で観る映像は今まで観てきた永遠の詩とは全く別物でした。

皆さん、決してロリーさんの映画の爆音上映は夢ではありません。

海外では、去年から今年にかけて
『ホワッツ・ゴーイング・オン-テイスト ワイト島ライヴ 1970』の爆音上映会が
そこかしこで行われていたようです。

今現在のロリーさんの有名度合いと人気から集客を考えると、
そこそこの大きな会場での上映は無理かとは思いますが、
小さいクラブならどうにかなるかもです!

謎の大トリ

フェイスブックでご存知かもですが、
今年の5月28日から31日にアイルランドの
バリシャノン(ロリーさん生誕の地)で
ロリー・ギャラガーフェスティバルがあるんですが、
この2月に来日した元スコーピオンズのギタリスト、
ウリ・ジョン・ロートが31日の大トリとして出るらしいです。

詳しくはこちらで!
www.rorygallagherfestival.com

ulijon

ウリジョンとロリーさんて、接点あるの??
ウリジョン=ジミヘンしか思いつかん…。
思いっきりこじつけでがんばっても、
ジミヘンが活動していた時期=テイスト活動期、ぐらいしか思いつかん…。

バンド面子が気になります。
2月に来日した面子そのままでしょうか。
それにつけても、ウリジョン、何やるんでしょう?
ロリーフェスだから、やっぱりロリーさんの曲ですよね。。。
ウリジョンが歌うのか?…(汗)
ハッキリ言ってウリジョン、歌唱力スティーヴ・ハウ並みやぞ!!

tag : ロリー・ギャラガー RoryGallagher テイスト Taste

ロリーフェス感想飲み会のお知らせ

ロリーフェスに参加された関西エリアの皆さん!
参加されてはいないけれど、ロリー好きな皆さん!
おまたせのロリー宴会が敢行されますよう!!

京都のロリー番長こと、ひらいでさんからのご案内が
<ロリーな掲示板>に!!
【オフ会】ロリーフェス感想飲み会in京都


ロリーフェスに参加した、しないにかかわらず、
関西エリアのロリー好きさんは大集合ですう!!
当日は徳島からも熱いロリーファンがご参加されます!
ロリーな皆さん、ガンガン集ってくださいませ!!

参加される方はひらいでさんか
(掲示板のひらいでさんの名前の
次の行の手紙マークをクリック)、
shinolezまでメールでご連絡お待ちしております♪


…shinolezさんは勿論参加です(笑)。
みなさんのネタ話、楽しみです!!

雨の銀座にも行ってきた

去る5月5日に池袋で行われたロリーのトリビュートライヴ、
不幸なことに諸事情が重なり、
どーしても参加無理のため涙を飲んで欠場、
やっぱり予想通り大後悔してしまい、
5日の午後から完璧に廃人状態となり、
『悲しい色やね』を視線が定まらない状態で
ず~っと夜中までエンドレスで聴いておりました。

img096.jpg
▲実際こんな感じだった…

同じ後悔は二度と繰り返さないべく、行って来ましたよ、
O.E.Gallagher @Benoa 銀座。

前日・前々日と大阪/名古屋でエイジア参戦、
堂々3連荘のライヴ参戦であります。
しかーし、今回のツアーはロリーがメインイベント(当然!)

今回は3人構成の、
ステージ・ストラックをベースにした選曲で、
約一時間白熱のプレイが続きました。
(今回はシメのブルフログなし)

ホント、文句無く良かったです。
今回連行したメタル仲間は、完璧やられてました。
何がどう良いのか書けないぐらいイイ。
完璧ロリーでした。
生きていて良かった。
これ以上説明できません。

どんな具合に完璧だったのかは、
7月31日(土曜) 新宿 Crawdaddy Club
ご自身の目で、耳で確かめてくださいなっ♪

ちょうど夏休みだし、土曜日だし、
出かけやすい日程ですね!
もちろん私も大阪から参戦します!!

会場はロックバーですが、非常に雰囲気の柔らかいお店なので
初めてでも怖くないです。

ロリーな皆様、
7月31日は新宿に集結しましょおー!

tag : Gallagher Rory ロリー・ギャラガー RoryGallagher Taste テイスト

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる