FC2ブログ

みんなの≪Blues≫

皆さん、アルバム≪Blues≫聴いてますかー!
いろんな意味で素のロリーさんなアルバムです。
3枚組の場合、ディスク1と2はスタジオ録音、
ディスク3はライヴとなってます。

スタジオ録音の曲は<アウトテイクス>、
いわゆるデモ、またはボツバージョンですが、
正規のアルバムに収録されている完成曲と聴き比べると
こんなにも違うのか、と("Tore Down"が特に)驚かされます。

録音当時はまだ録音技術が発達していなかったため、
基本一発録りで、曲が始まったら、
よっぽどの事がない限り最後まで演奏し終わるのが常だったようで、
ロリーさん本人もこのテイクが完成形とは思っていないのか、
手馴らし的にプレイしている感じもあったりで、
全体的にリラックスしていて、ほぼ緊張感なし、
これがまたいい具合なんです。

また、収録年代順に曲が並べられている訳ではなく、
おやじロリーの後に、ハタチそこそこの、
まだまだ青い声でいっぱしのブルースマンっぽくイキがって歌う、
聴いていて痛々しい声のロリーさんの曲が来たりで、
若い時から何一つ変わっていないロリーさんの
濃ゆい味わいが存分に楽しめる一枚です。

いつも聞きなれた曲とは違う曲になっているので、
聴く度にこういう事もあったのか!と唸ってしまうこと多数。。。

三枚目のライヴは、いつものアノ曲に仕上がっていて
非常に聴いていて安心しますが、
悲しいかなギターの音が小さかったり、
ちょっとこりゃいかんぞ、な事になっていたりで、
やっぱり正規のアルバムには収録できなんだな、な
テイクですが、しかしながら餅は餅屋、
ロリーさん、上手くやってくれています。

今回、どの曲がいいとか、
あの曲のあそこはいかんだろう、等々、
正直つっこみどころ満載ですが、
あえてそれは書きません!!

数年前に出た
≪ノーツ・フロム・サンフランシスコ≫は
アルバム≪フォト・フィニッシュ≫のボツバージョンですが、
≪ノーツ・フロム・サンフランシスコ≫収録の曲は
まさに市場に売れんかなの
「本人がやりたくない事をやらされている」感ありありでしたが、
今回の収録曲は、まさにの完成の途中なので
聴いていて息苦しさはありませんでした。
これが一番救われた気がします。

いいところも、正味ダメなところも、
ロリーさんがいろいろ悩んで努力した足跡で、
このアルバムの味だという事で、
まるっとすべて良し!!

ちう訳で、
アナタの≪Blues≫のご感想を
お待ちしております!!

hatena.jpg
▲家を片付けていたら、
よく分からないコンピレーションCDが出て来ました。
テイストが入っています。
こんなの、いつ買ったんだ、自分。。。(汗)

祭りは続くよ

≪Guitarist≫誌に続き、
≪Blues matters!≫も到着しました!
m3.jpg

表紙がロリーさんだから、記念として購入!
嬉しいことに裏表紙が今回のアルバムの広告です。
m2.jpg

内容は甥のダニエルのインタビュー。
m1.jpg

弟ドナルの後継者として
頭角を現してきているようです。
頼むからヘンな方向に行かんでくれよ。。。

≪Blues≫の3枚組CDもやっぱりやばい!!

やっと我が家にも≪Blues≫のCDが届きました!
三枚組のデラックスバージョンです。

d-1.jpg
▲ケースのステッカーは残します!


d-2.jpg
▲レコードと同じ写真でも掲載!

ジャケットの作りはレコードとほぼ同じ、
ただCDが三枚なので三つ折りジャケットになっていて、
CDトレイの部分には
レコードより一枚多く写真が使用されています。
d-3.jpg
▲よく見るとレコードとは違う写真ですな

d-4.jpg
▲ドキドキする一瞬

添付されているブックレットはレコードと同じですが、
残念なことに曲の収録年が書いておらず、
資料として非常に不完全なものになっているのが
悔やまれます。
d-5.jpg
▲ロリーさん大サービス!!

※曲の収録年についてはこちらをご参考ください。


内容については後日書く予定なので、
簡単に述べますと、
ディスク1と2はスタジオトラック、
ディスク3はライヴです。
それぞれ簡単に言ってしまうとスタジオ録音と
ライヴのいわゆる『選外』の録音で、
あと一歩で完璧になるテイクばかりです。

どの曲も微妙に何かが足りなかったり、
ライブでもギターの音が十分録音されていなかったり等、
演奏自体はいいけれども、
非常に残念な結果になっている曲等があったりで、
それが妙に生々しい出来上がりになっています。

決して年代順の曲並びではないため、
若い声のロリーさんが大人ぶって歌ってる曲の次に
酒ヤケしたおやじ声になっている曲が続いたりで、
なんとも興味深い作りになっています。
昔の音源を現在の技術で修正したのか、
若い頃の声が痛々しいほど生々しく聞こえます。

簡単にチラッときいた感想はここまでで、
これから聴き込んでゆきます。。。。
しばしお待ちを!

≪Blues≫のアナログがやばすぎだ!!

そんなこんなで、
昨日ロリーさんの新譜≪Blues≫のアナログが
到着しました!

b1.jpg
▲未開封で置いておきたかったさ。。。(泣)


b2.jpg
▲裏ジャケもイイ!

まさかの超豪華見開きジャケット、
これでもか!の美麗写真大量使用!!
こ~りゃもう、たまらんち会長!!
(↑@すろーはんどM谷さま)
やばすぎです!!!

b3.jpg
▲開くと『語るロリーさん』が!

b4.jpg
▲さらに開くと『談笑するロリーさん』が!!


ロリー萌えの方はレコードが聴ける状況如何に関わらず、
この大きさのロリー写真(しかも未公開)多数は
多分もう二度とこの大きさで手に取る事は
今回を逃すと出来ないと思うので、
借金してでもの購入をお勧めします!!


b7.jpg
▲ブックレットの表紙もそそる!

b8.jpg
▲もちろんレコードスリーブも2枚とも裏表ロリーさんづくし!!

悲しいかな、レコは青でなく、通常の黒でしたが
(多分イギリスかアイルランドなら入手可能なんでしょうな)
そんな事はどうでもよく、
今回は無事配送された事で良しとしたい!

音の内容はもちろんCDで聴くさ!(爆)
CDの配送は今暫くお待ちくださいだそうです。。。

1969年はロック・ギター革命の年!

レモンパイさまのコメントにありましたように、
ヤングギター6月号
≪特集:1969年〜ロック・ギター革命〜≫に
テイストのロリーさんが
でか写真1ページで載っています。

ロリーさんには珍しく、
キミ、一週間風呂入ってへんやろ、な
超ド級の汚さの一枚でございます。

テイストデビュー前後で、
ドサ廻りでボロボロになっているけど
若さゆえで気にしない!の頃の写真だったんでしょうな。

taste-68.jpg
▲ロリーさん、免許ないけど、気にしな~い!

あの時代をああ、そうじゃったな、と思い出されたい方、
知らないから後追い験されたい方、
それぞれいろんな楽しみ方ができる一冊になっています。
本屋さんで是非一度試し読みをお勧めします!

★レモンパイさま、ありがとうございます!
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

shinolez

Author:shinolez
一生涯ロリー萌え!!

とてもバチ当たりな
ハンドルネームで
ミ×シイにも潜伏中

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる